うーむ、編み糸にも様々あるのか…

26Jan15

まそういうことなんですが、編み物ビギナーのわたしとしては驚きが大きいですね〜。作りたいものをまず決めてから糸を選ぶのがいいのかなきっと。以下の情報は「編物入門以前」というスバラしきサイトより。

素材表(50音順です)

名称 説明
アクリル 化学繊維。ウールとよく似ている。熱に弱いが、摩擦には強い。
アルパカ アルパカというらくだ科の動物から取れる毛。柔らかくてしっとりしている。ウールのような伸縮性はあまりないようだ。しわになりにくい。
アンゴラ アルパカ兎から取れる毛。柔らかくて軽いが、毛が抜けやすいのが気になる。
ウール 羊の毛。弾力と伸縮性がある。メリノウールはメリノ種の羊から取れるウールで、肌触りが柔らかい。
カシミヤ インドのカシミール地方に生息するカシミヤ山羊の毛。軽くて暖かく、柔らかい。
キャメル らくだの毛。私はまだ編んだことがありません。
キュプラ 化学繊維。洋服の裏地に使われている。
コットン 綿。肌触りよく、吸水性があるが、乾くのが遅い。保温性はあまりない。
シルク 絹ともいう。蚕の繭からとれる。光沢があり、手触りは滑らかだが、編むときは特有のきしみ感がある。
ナイロン 化学繊維。軽くて吸水性がない。
ポリエステル 化学繊維。熱や薬品に強い。
モヘア アンゴラ山羊から取れる毛。毛足が長いので、軽くてふわふわで暖かく編みあがる一方、からまりやすく、間違いに気づいて解くときに苦労する。
レーヨン 化学繊維。水に弱い。

ほぼ日刊イトイ新聞でも目薬ポーチつくってるよ!かっこいいよ!「目薬ポーチで編み物入門」(2012年10月)

[追記]

いやぁね、そのね、編み物基本はできてたつもりなんすけど、編み目記号なるのがあるって、知ってました?そりゃ知ってますよねみなさま。わたしは恥ずかしながら知らなかったんですよね。これ、もう一つの言語ですよね。”I”とか”You”とかそんなのを覚えていって、最終的にはマーティン・ルーサー・キングJrのように”I have a dream that one day this nation will….”のように、鍛え抜かれて洗練された網の目を形成していくわけですね〜。

peropero

Advertisements


No Responses Yet to “うーむ、編み糸にも様々あるのか…”

  1. Leave a Comment

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s


%d bloggers like this: